--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-13(Sun)

CookDo お手軽おうち中華

昨年、モラタメで旦那が購入してくれた、味の素さんの 「クックドゥ」 。

お手軽おうち中華6種9点セット 「全種お試ししました!」 と言いたいところですが、

まだ 「豚肉と玉ねぎの中華生姜焼き用」 しか、いただいておりません(´;ω;`)

※ ご家庭の定番メニューのしょうが焼きが、中華の新しい味わいで登場。
 鶏や豚のだしをベースに、果汁とハチミツで甘みをつけたソースの本格的な中華炒めメニューです。

とりあえず、箱裏のとおりに作ってみました!

P1020978_640.jpg

1 下ごしらえ

P1020977_640.jpg

2 野菜を炒める (中火)

P1020979_640.jpg

3 肉を炒め、 「Cook Do」 を入れる (中火)

P1020980_640.jpg

4 野菜を戻す (中火)

P1020981_640.jpg

出来上がり(*´∀`*)

P1020982_640.jpg

こちらの商品だけ3袋なので、玉ねぎ好きの旦那はウホウホ♪

お味は間違いなしで美味しいため、ご飯がススムおかずでしたよ(^凹^)

3~4人前なので、旦那と二人家族の我が家は、少し余りまして、、、

後日、これまた旦那の好きな 「とんこつラーメン」 の具として活用ヾ(´▽`)

私としては早く3種の麻婆豆腐に手をつけたいところです。


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013-01-13(Sun)

ハチミツきんかんジャム

年末ギリギリに、義父母からいただいた 「きんかん」 。

私にとっては、お初の食材となります(@゜Д゜@;

なので…ネット検索してみますと、甘く煮るレシピが多数ありまして、、、

一番作り方が簡単そうだった 「みんなのきょうの料理」 からジャムを選択( *`ω´)

長野 まり子先生は、食材をそのまま使用する調理法でしたが、

その他のレシピにはアク抜きがあったので 「プラチナレシピ」 から、

黒田 民子先生の下処理を致しました(..)

 < 下処理 >

1 え~、まずはヘタ取りからです。

P1030018_640.jpg

2 流水でよく洗います。

P1030019_640.jpg

3 包丁の刃元できんかんのまん中あたりに縦に切り目を6箇所くらいつけます。

P1030020_640.jpg

4 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、きんかんを2分ほど茹でたら、お湯ごとザルにあけます。
 これを2回繰り返してアクを取ります。

P1030021_640.jpg

5 きんかんが冷めたら指で押し、中の種を丁寧に取ります。
 竹串などを使うと取り出しやすいです。

P1030022_640.jpg

6 鍋に水を入れ、中火できんかんを5分程煮ます。
 まだアクが少し出るようでしたら丁寧に取りのぞきます。

P1030023_640.jpg

ここでアク抜き完了とし、ザルにあけお湯をきり、ボールへ。

ここからジャム作り開始です。

 < 材料 >

きんかん 800g
柚子酢 160cc
三温糖 100g
ハチミツ 200g

※ ちなみにレシピは、きんかん 2kg・ザラメ 1.5kg・酢 400ccです。

 < 作り方 >

1 下処理したきんかんに柚子酢を加え、ブレンダーでなめらかにします。

P1030024_640.jpg

2 三温糖・ハチミツを加え、1時間位とろ火で煮つめます。

P1030025_640.jpg

完成したものがこちらです。

P1030026_640.jpg

作ってみて思ったことは、簡単に取れると思っていたヘタ取りに少し手間取ったこと。

きんかんが小さいので、切り目を入れるのもなかなか苦労しましたし、

種取りも、だんだんと手が滑って押しにくいですし、なかなか出てこない(;´Д`A

ブレンダーで攪拌していたら、取り除けなかった種が出てきてしまったし。。。

そして煮込みながら、白い小さな種を見つけること(>_<)

しかしながら、初めてにしては 『よく出来た。』 としたいです!

甘さ控えめにしたので、あまり保存がきかなそうかも?ですが(;´∀`)

鼻風邪気味の旦那とこれから毎日いただくようにし、風邪予防にしたいです♪


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
2013-01-06(Sun)

おせちのアレンジ

二人分量で作っても、余ってしまうおせち(´;ω;`)

去年は三日間食べ続けましたが、今年はアレンジしてみることに致しました!

おせちから、数の子・チョロギ・タコ刺しをチョイスし、プラス食材は、長ネギ。

レシピ本メニューを参考にし 「たことねぎのお焼き」 を作りました。

切った材料を、卵・水・小麦粉の生地に混ぜて焼くだけだったので、とても簡単♪

お味もそこそこで、旦那と二人でペロリ完食です(*´∀`*)

P1030004_640.jpg

お次は、だて巻きと酢れんこん。

だて巻きを細かく切り、酢れんこんと合わせ、マヨネーズで和え、白ゴマをたっぷりかけました。

酸っぱい食べ物が苦手な旦那も最初はいけたのですが、食べ進めるうちにジワジワと酸っぱさが( `・ω・)

P1030003_640.jpg

全然手をつけなくなったので、今度はウインナーとしいたけを炒め、

そこにだて巻きと酢れんこんのマヨ和えを合わせ、黒胡椒を少々、トーストした食パンでいただきました。

こちらだと酸っぱさもなくなり、サクサク食べられたようですo(^o^)o

P1030005_640.jpg

さて、おせちメニューお初の鯛につきましては、無難にご飯もので。。。

身をほぐしてご飯と一緒に炊いて混ぜ、いくらと海苔でいただきました。

薄味で仕上がり、テキトーに作ったわりには…まぁまぁ上手くできたかしら(;´∀`)

P1030001_640.jpg

かまぼこや、煮しめ、えびのうま煮などは、だいたいお雑煮で使ったのですが、

P1020985_640.jpg

煮しめは最後まであまり、お味噌汁やうどんの具材に致しました。

P1030002_640.jpg

まだ残している、黒豆と栗きんとんは、、、

ホットケーキミックスに混ぜて、焼いてしまおうかと考え中です(^凹^)


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
2012-11-26(Mon)

柚子のアク抜き

先日義父母から、柚子とお野菜が送られてきました(・∀・)

風水的に、

・ 丸いもの
・ 黄色いもの
・ 柑橘系の香り

は 「金運を引き寄せるパワー」 があるそうなので、とても嬉しい贈り物(*´∀`*)

また、鼻水が止まらず、肌荒れがひどい私、、、

ビタミンCがとても豊富であり、コラーゲンなど他にもたくさんの栄養が含まれている柚子の皮は、

これ以上風邪気味状態がひどくならないようにと、美肌効果を期待したいです(o^^o)

皮はゆず茶を作る材料になり、つわり時期の飲み物としてもオススメらしく、葉酸も含まれているそう。

まだ軽くつわりがある私には、柚子茶を作ることに致しました\(*⌒0⌒)♪

熱を加えると減りやすい栄養素らしいのですが、苦味はとりたい。。。

ネットで検索して一番わかりやすかった、とくしまマルシェさんのアク抜き法を試してみました( *`ω´)

1 ゆずを水洗いし、水分を布巾などで拭き取ります。

柚子 拭き取り

2 ヘたを横にし、真上から包丁を入れ2つに切り分けます。
 ※ 加工前の保存期間 … 冷蔵庫で2週間程

 網目の細かいザルを敷き、皮を手でにぎり潰すようにし、柚子の果汁を搾ります。

柚子 絞り

☆ お料理に重宝する柚子酢の完成!!
 ペットボトルなどに入れ、冷蔵庫で保存。

柚子酢

3 実の周りにスプーンを入れ、実を皮から取り外します。
 ※ ゆずの種は捨てずに保存

柚子 実取り外し

4 沸騰したお湯に柚子の皮を入れます。
 再度沸騰後、1分~1分30秒ほどそのまま煮詰め、内側の白い部分が少し透明になったら火を消します。

5 茹で終わった柚子の皮を鍋から出し、冷水に一昼夜さらし、アクを抜きます。
 この際4〜5回水を変えます (苦味を残されたい場合は、水にさらす時間を短くします) 。

柚子 煮込み・アク抜き

と、今日はここまで。。。(;´∀`)

皮から取り外した実はもったいないので、ガーゼか何かに包んでバスタイムを楽しみたいです♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む

2012-03-02(Fri)

ほっとしょうが (´(ェ)`)

マウスウォッシュをする時に飲み忘れに気づき、慌てていただきました。

ほっとしょうが (´(ェ)`)

やはり、濃い!

甘味も辛味も、濃い!

飲みやすいので、不思議ですわぁ。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

むぅむゥ

Author:むぅむゥ
新生児育児中の専業主婦です。
きのことラーメン、チョコレート大好きな食いしん坊。
趣味をモニターとし、女子力アップと節約生活中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。